僕が考えたこととライフハック

自分がやったこととか、経験したことを書いていく。プログラミング、サークル運営、学校生活etc..

【音楽現代史】最近話題のJerseyClubというジャンルについて。【クラブミュージック】

f:id:rynsk02:20181210162453j:plain

こんにちは。

 

今回はJerseyClubという音楽ジャンルについて書いていきたいなと思います。

僕は普段、FutureBassやTrapなんかを聴いているのですが、そこでありがちな

ドンドンドンドドという特徴的なキック(文字にすると意味わからんので↓)

 

soundcloud.com

たぶんこれでわかるはず・・・・・

しんぱいなので僕が簡単に打ち込んだ音源も載せときます。 

soundcloud.com

このドンドンドンドドが肝になるのがこのJerseyClubというジャンルです。

 

もっと聞きたい方はこちらを。かなりわかりやすい記事でした!!

www.edmbanana.com

まずは聴いてみよう

多分一番有名な・・・

LMFAO - Shots ft.Lil Jon

www.youtube.com

邦ロック好きなら気付いた方もいらっしゃると思いますが・・・↓

www.youtube.com

冒頭の「しゃっしゃっしゃっしゃしゃ」のあれはこの曲が元ネタだったんですね・・・

 

原曲の方を聴いてもらったらわかるのですが、たしかにパリピ感は半端ないですね(笑)

www.youtube.com

超楽しそう・・・・(笑)

まぁとにかくJerseyClubはこんな感じで乗れるような曲調です。

JerseyClubの概要

1990年代後半にニュージャージー州ニューアークに生まれたエレクトロニック・クラブ音楽のジャンルで、ダンスを重視しています。ボルティモア・クラブバウンスニューアークの初期のハウスシーンに根ざしたジャージー・クラブは、ブレイクビーツ、130-140bpm前後の急速なテンポ、そしてヒップホップポップミュージックから頻繁に切り刻まれたサンプルを特色とする、スタッカートで重厚なダンスミュージックです

引用:Jersey Club - Wikipedia

 Wikipediaから引用そして翻訳したものですが、字面から伝わるようにとにかくダンス。ダンス。ダンス。ダンスに特化した音楽ということがわかります。

そしてニュージャージー州で生まれたからJerseyという単語が入っています。

起源としては、HouseやBounce,HipHopなどからだそう。基本的に打ち込みで作られます。

なぜ最近になって人気が出てきたのか

非常にEDMとの相性が良い。ということが主な要因だと思います。

JerseyClubはBPMが130~150の曲が多く、EDMもHouseは130.TrapやFutureBassは140~160.位なのでテンポ的な相性が良くさらにダンスミュージックという大きなまとまりでも一致しています。

Kawaiiとの融合

最近は日本やアジア圏でよくみられるKawaiiMusicにもよく取り入れられている印象があります。

soundcloud.com

KawaiiFutureBassとの相性も抜群ですね・・・

soundcloud.com

こんな感じでアニソンのJerseyClub Remixも流行っています。

 

特徴的な音

冒頭から言っているキックはもちろんのこと

重ねてHatやCrashが鳴っています。

他にも

キコキコキコキコというベットのきしむ音。

ハイハイハイハイという掛け声。

ボーカルチョップ,動物の鳴き声。

銃を撃つ音,ガラスが割れる音,DJスクラッチの音・・・・などなど遊び心にあふれています(笑)

構成されている要素等はこの動画で良く学べます。スペイン語(?)ですが!

www.youtube.com

まとめ

1990年代に成立したJerseyClubは近年のEDMブームによって広く知られ始めいろいろな地域の文化と融合しつつあるダンスミュージック。

 

こんなところでどうでしょうか!

 

おススメ記事

www.ryujpn.xyz