僕が考えたこととライフハック

自分がやったこととか、経験したことを書いていく。プログラミング、サークル運営、学校生活etc..

音楽制作を初めて1年なので感想を。(断続的に続ける大切さ、過去の挫折など)

f:id:rynsk02:20181129023328j:plain

こんにちは。

今日も頑張っていきます。情報学科の大学生。りゅうです!

 

今回は、音楽制作を始めて1年くらいたつのでその感想を書いていきたいなと思います。

音楽制作(DTM)は大学1年生の秋ごろからしっかり学び始め、今ではそこそこ曲をかけるようになりました。(1か月5~6曲くらい。)

僕自身音楽経験は高校三年間ピアノ習っていたくらいで、幼いころとかNHKおかあさんといっしょくらいしか聞いてませんでした。

そんな僕ですが、小学生のころからPerfumeが大好きで

微かにですが、いつかPerfumeみたいな曲が書けたらいいなぁと思っていました。

(Perfumeというか厳密には中田ヤスタカさんのファンだったのかもしれません。)

 

そんなこんなで大学にはいって時間もお金も持ち始めたのでやってみるか的な感じで始めました。

 

最初は躓きまくって一時期やめてた

 はい。

大学入ってすぐ始めたのですが、音楽理論もわからないし、ソフトも意味わからん。

一か月足らずで挫折してしまいました。

まぁ、他の創作活動でも同じだと思いますが、音楽って特にわからん要素が強いなと感じています。

 

なんだかんだで半年くらいたち

突然、曲をつくる機会ができたので、頑張って作ってみるか―くらいの気持ちで作り始めました。

 

躓いた経験が役に立った

驚くべきことに、半年何もやってなかったのになんか1曲作れたんですね。

半年の間に音楽の知識がついたわけではなく、最初の1か月弱の知識がある分新しく勉強部分がわかりやすくなっていた。(予習してから授業に望む感じ)

躓いたという経験は一見、失敗のようにも思えますが、そこでもがき苦しんだとき得た知識ってめちゃくちゃ身についているんですね。

 

断続的に続ける大切さ

そのあとも何回か挫折を繰り返していますが、やっぱり苦しんだ分強くなっていきました。

今は苦しむことはなくなり、スムーズに作曲ができるようになりました。

挫折しろ!とは言いませんが、断続的に自分のペースで続けていくだけでもためになっていくのかなと思います。

ブログでもそうだと思いますが、最初はだれにも読まれない。モチベが上がらず、そこから書かなかったとしても、しばらくたってからまた戻ってきて書いて・・・の繰り返しでもよいと思います。

僕はモチベが上がらなかったら書かないようにしています。(最近1週間くらい書いてなかったのはこういうことです(笑)

 

まぁ、断続的よりも、休まず投稿している人のほうがすごいのはすごいですけどね(笑)

 

まとめ

とにかく、一度諦めてももっかい戻ってきたらいいことあるかもよ!!ということですね。

 

じゃあ今回はこの辺で。

 

新曲↓

soundcloud.com

EDMばっか作ってます。今回の曲のジャンルはMelodicHouseです。

 

このままサイトに飛べば、僕の曲が大体聞けます。

自信作等はCDになっちゃってるのでない場合がありますが・・・・

12月の中旬あたりに友人とのアルバム完成予定ですので、どうかそちらの方もよろしくお願いします。

 

では。